イースター(Easter)ってなに?!

ここ最近は、日本人の間でもイースターが話題になってきてますね。近年はイースターを楽しむ人は増えており、日本のディズニーランドやユニバーサルスタジオでも、イースターのパレードやイースター関連のイベントをしています。

街なかでも、ショーウインドウにカラフルな卵や可愛いうさぎが飾られたりして、クリスマスのようなイベント的な感じもします。

イースターは日本語で言うと、『復活祭』のことです。

十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが、3日後に復活したことを祝うお祭りで、キリスト教における最も重要な行事です。

イエス・キリストの最期は、弟子の一人に裏切られ、十字架にかけられて処刑されます。しかし、イエス・キリストは復活するという預言があり、そのとおりに3日めに復活したことで預言を現実のものとしたとされています。イエス・キリストが生涯で起こした数々の奇跡の中で、最大の奇跡が、この復活と言われています。そのためキリスト教では、イエス・キリストが復活した日を最も重要な祭日として扱っています。

2019年のイースターはいつ?

イースターはクリスマスと違って、毎年日にちが変わります。その年のイースターの日付は、「春分の日の後の、最初の満月の日の翌日曜日」とされています。

通常、春分の日は毎年日付が変わりますが、この場合の春分の日は3月21日に固定されています。満月もキリスト教の教会暦によるため、日本の春分の日や満月の捉え方と合致しない場合もあります。このため、イースターはその年によって、最大1ヶ月ほどズレが生じることがあります。

今年2019年のイースターは、4月21日です。

 

卵(Easter Egg)の意味とは?

命を生み出す卵は、復活の象徴とされています。

キリスト教において、卵は生命の始まりを意味し、キリストも『死』という殻を破って蘇ったという考え方もあります。5世紀にはすでに教会で、卵がシンボルになっていたと言われています。イースターには復活の象徴、生命の始まりを意味する卵料理を食べ、卵をカラフルにペイントした「イースターエッグ」を飾ったりします。

うさぎ(Easter Bunny)の意味とは?

イースターのうさぎは、「イースターバニー」と呼ばれ、イースターエッグを運んでくるとされています。

なぜ、うさぎなのでしょうか?

古代からうさぎは多産と豊作のシンボルでした。多産のうさぎは繁栄の象徴となり、歴史の中で卵と並ぶイースターのシンボルとなったのです。また、うさぎのぴょんぴょんと飛び跳ねる姿が生命の躍動感を感じさせるのも、復活祭にふさわしかったようです。

  • Facebook Social Icon

OC, California